今日のネタ帳

悪ふざけの話中心です。笑っていただければ幸いです。

『おひとりさま』こそホテル暮らしすべき本当の理由。

「なあなあ、ワシ考えたんやけど」
「なに?」
「家のことでな、よう賃貸が得か持ち家が得か、ゆう議論あるやんか」
「あるな。結局、人による、ゆうて結論が出んやつや」
「あれでな、つらつら思うにワシらアラフォー、ゆうてももうアラフィフや、そんなワシらにとって一番は『ホテル暮らし』が正解なんやないかと発見しましてん」
「どゆこと?」
「キミもワシも、たぶん一生働くやろ」
「まあそういう時代やな」
「そしたら、荷物なんかはどかーっと職場のロッカーに入れてやな、ビジネスホテル暮らしすんねん」
「ほんで」
「ビジネスホテル一泊6000なんぼかいな、ひと月18万くらいや」
「結構するやん」
「そのかわり駅前一等地やで。モーニングセットもつくし」
「それでも高いわ」
「駅前一等地のコンシェルジュ付きのマンションの家賃なんぼする?毎日部屋も掃除してくれんで。それに賃貸で払う更新料いらん。持ち家にかかるローンの利子や税金もいらん、電気代や水道代もコミコミやし、ややこしいご近所づきあいやマンションの役員もやらんでええやで」
「なんや結構ええ気がしてきたわ」
「飯は外食でええし、カップ麺も喰える」
「せやな。そう考えると欠点ないな、ホテル暮らし。あーでもあれや、風呂入りたくなるんちゃう?」
「そんなんたまにスーパー銭湯行けばええやん」
「いやーでも、たまには一人でゆっくり内風呂入りたくなるんちゃう?」
「そうか…。風呂かー風呂はなー。ヨドカワナガハルさんなんかもホテル暮らしやったはずやけど、内風呂が無くて当たり前の世代の人やしなー」
「でもまあええかもな、ホテル暮らし。
ほらな、ヨノナカ一寸先は闇や。ワシらもいつ『おひとりさま』になるやもしれん。そんな『おひとりさま』が家で死んでもうたら『孤独死』なんてなんやら悲愴感ただようやんか」
「ホテルで一人死んどっても同じやんか」
「いやいやそこは全然ちゃうで。ニュースで『タカハシさんが都内のホテルで亡くなっているのが発見されました。詳しいことはわかっておりません』なんて言われたら、それ聞いた知り合いはどう思う?なんも言わんでも勝手に『都内のホテルで死亡やて?なんやあのおっさんヤラシイことでもしてたんちゃうん』って思ってくれるで。

孤独死』なんてレッテル貼られて、勝手にかわいそがられたりせんで済むんや!やっぱホテル暮らし、やったほうがええで!」

そんな話を友人としながら過ごす、平成最後の春。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

東京周辺県出身者は「翔んで埼玉」を見るべし【ネタばれアリ】

以下ネタばれアリなので、まずは『翔んで埼玉』を観ていただきたい。話はそれからだ。

www.youtube.com

 

しつこいが以下ネタばれアリ。

 

「東京のまわりの県の出身者は歪んだコンプレックスを持ってるんですよ。北海道や九州の出身者なら、故郷を捨てて東京に出てくるという物語があるが、東京のまわりの県出身者というのはそこまでの意気込みもなく、かといって東京出身者と対等でもない。歪んだコンプレックスをもって生きているのが、東京のまわりの県の出身者なんです」。そんなことを群馬県出身の糸井重里が言っていた気がする。たぶん雑誌『東京人』のバックナンバーをあさると出てくるはずだ。

 

1973年・千葉県生まれのぼくにとって、東京まわりの県出身者の歪んだ心象を描く作品といえば、マンガ「進め!パイレーツ」や「こちら亀」の大原部長の家の描写、すこし年代があがって小説&映画「下妻物語」、映画「サイタマノラッパー」あたりか。
東京周辺県出身者というのは故郷を捨て切れず、かといって全面的に故郷に酔えるわけでもない。あ、横浜の人は別ですが(ひがみ)。

映画の原作マンガ「翔んで埼玉」はもちろんリアルタイムで読んだ。

あれから時は流れ、よもやこんな大規模な映画になるとは。よくもまあこの企画で出資者たちを納得させ、しかも興行的に成功させたものだと驚嘆する。

東京まわりの県出身者の方々、ぜひ映画館へ足を運んでほしい。100%損はしないし、かなりの確率で映画を見たあともテーマソングが頭に鳴り響く。そんでもってぜひ語り合いましょう。

 

もうね、Gacktが夜のエアポートでプライベートジェットをバックに降り立つシーンでこの映画が成功だとわかる。マンガのまんまなんだもの。

 

そして近年の過剰なポリティカルコレクトネスもどきやお気持ち尊重を土足で踏みにじるが如きdisの嵐。

映画『ムーラン・ルージュ』のごとき、池袋のビルからの夜景。

すべてが過剰ですべてが無駄がないという奇跡の「茶番劇」。

中途半端な忖度や生煮えの寸止めはなく、暴走につぐ暴走。すべての穴にピーナツを詰めてやれ!あと常磐線はあんなじゃない。

映画見た人と延々と狭山茶草加せんべいを手に語り合いたい。

 

以下ネタばれだが、映画の中でGacktが夜空を見上げながら「夜空にはさまざまな星がある。それぞれが輝くことで夜空は美しい」的な話(うろおぼえ)するじゃないですか。あれはたぶん、東京をうち倒すだけではない、東京の圧政に耐えている関東諸県(除く神奈川)がそれぞれに輝くのだ、という話だと思うんですよ。

にもかかわらず、「日本埼玉計画」ひいては「世界埼玉計画」を堂々と掲げるという節操のなさが素晴らしい。それぞれの県、それぞれの国がそれぞれに輝くんではなく、世界を「サイタマ」一色に染めてやろうってことですから。

 

世界史を振り返っても、「劣位」とされた文化が気が付くと世界を席巻しているなんてことはよくある。

リー・アイアコッカの自伝には、「子供のころイタリア移民の子供だった自分は、『ピザなんて変なもん食べてやがる』といじめられたが、今、世界中で愛されているのはチェリーパイじゃなくてピザじゃないか!」と息巻いていた記載があった(と思う)。

ジャマイカ系移民が持ち込んだDJスタイルというビートに乗せた「しゃべくり」は今やRapとなりHip Hopという超巨大ムーブメントとなって世界を染め上げている。

だから、山田うどんしまむらが世界中を染め上げることだって、当然のことなのだ

とにかく、「翔んで埼玉」を東京周辺県出身者は見るべきだ。

国内でロングランになれば「翔んで埼玉」が海外でも広く観られるだろうし、大きな誤解に基づいて中国の農村戸籍の人々の解放のシンボルとなったりしたら興味深い。よう知らんけど。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

 

 

 

人前で“息を飲む”のはマナー違反?!-専門家に聞いてみた

最近、ネット上で「人前で薬を飲むのはマナー違反」という話が話題になっています。

まわりに人がいる状況で薬を飲むと、まわりの人を不安にさせてしまうというのが「人前で薬を飲むのはマナー違反」という理由とのことですが、実は人前で「息を飲む」のもマナー違反です。

人間が飲んだ息は必ず吐くことになります。

自分の吐いた息をだれかに吸わせることになるので、人前で息を飲むのは失礼なのです。

マナーはToPPo(時、場所、立場)によって変わってきますが、みなさんも、知らない間にマナー違反にならないように、普段から皮膚呼吸の練習をしておきましょう。

 

笛育まな著『わたしだけが知っているシークレットビジネスマナー』(民明書房)より(嘘)

f:id:hirokatz:20181203124520p:plain

 

お薬言葉を知ってますか。

赤いバラは愛情、白いユリならば純潔。
花に花言葉があるように、お薬にもお薬言葉というものがある。

 

たとえば高血圧の薬アムロジピンのお薬言葉は「尊厳」であり、オルメサルタンのお薬言葉は「感謝」である。
コレステロールの薬プラバスタチンのお薬言葉は「あなたの血管を守りたい」、バファリンのお薬言葉は「半分は愛情」、ロキソニンのお薬言葉は「痛いの痛いの飛んでゆけ」で、ワルファリンのお薬言葉は「血液サラサラ」である。
このお薬言葉、残念ながら医療業界でも知る人は少ないのだが、なにしろ今さっきでっち上げたものだからムリもない。

架空マナー教本『シューゾー10000%!!!』より 「2019年はどんな年になるんでしょうね」は失礼!?

2019年もすでに1週間が経ちました。


2019年はいったいどんな年になるんでしょうねと世間話が交わされる今日このごろですが、「2019年はどんな年になるんでしょうね」は失礼って知ってましたか?
「2019年はどんな年になるんでしょうね」という言葉には、どんな年になるか、自分自身が関与しようという積極性が感じられません。環境や状況は誰かに与えられるもの、という受け身で無責任な姿勢では、ビジネスパーソン失格です。


どんな年になるかじゃない、どんな年にするかだろ?!いつだって、2019年を創り出すのはお前自身じゃないか!ほかのヤツはどうだっていい、お前がお前の手で2019年を創ってみろよ!熱くなれ、燃え上がれ、お前の本気を見せてみろよ!!「2019年はどんな年になるんでしょうね」なんて他人任せの悲しいこと言うなよ、胸を張って、2019年は誰にも渡さない、2019年は俺のものだと世界の中心で叫んでみろよ!!


みなさんも取引先等で世間話をする際は、きちんと「2019年はどんな年にしときましょうか」と言いましょう。
小松ヶ丘テストステロン修造・著「シューゾー10000%!!!」より(嘘)
※フィクションです

f:id:hirokatz:20190108134942p:plain

 

架空マナー教本『わたしだけが知っている シークレットビジネスマナー』より 仕事始めは失礼!?

明けましておめでとうございます。
お正月も終わり、仕事始めの方も多いかと思いますが、実は「仕事始め」は失礼って知ってましたか?
「仕事始め」という言葉には、「仕事」を「始め」るのはあくまで自分であるという傲慢さがあります。
本来、「仕事」はお客様や取引先あってのもの。
取引先ではきちんと「おかげさまで今日から『仕事始めさせられ』です」と年始のご挨拶をしましょう。


笛育まな著「わたしだけが知っているシークレットビジネスマナー」より
※フィクションです

f:id:hirokatz:20181203124520p:plain



架空マナー教本『ビジネスマナーisマナービジネス』~謹賀新年は失礼!?

明けましておめでとうございます。
お正月といえば「謹賀新年」ですが、実は「謹賀新年」は失礼って知ってましたか?
「謹賀新年」は「金(きん)が信念」につながり、新年早々から自分は守銭奴だと宣言することになってしまいます。
fintecと呼ばれる新たな金融技術が発展するグローバル時代、うっかりと「金が信念」などとドメスティックな新年の挨拶をすることなく、きちんと「ビットコインがマイ・コレド」と挨拶したいものですね。
大杉・マナー・雄三著「ビジネスマナーisマナービジネス」より(嘘)
※フィクションです。謹賀新年。